So-net無料ブログ作成

チョコレートドーナツ [ハリウッド映画]

「チョコレートドーナツ」

チョコレートドーナツ.jpg

人が人を想う気持ちにゲイとか障害とか関係ない。

人が人を想う気持ちに正しいも間違いもない。

人が人を想う気持ちは決して誰にも止められない。

人が人を想う気持ちは決して誰にも奪えない。

………のはずが、

純度の高い無垢な愛情は差別と偏見という社会の怪物によって理不尽に引き裂かれました。
一緒にいたいという、ただそれだけのささやかな願いを粉々に打ち砕きました。

いつだって今だってまだまだ差別はなくならない。

だからこそ、世界を変えるんだという想いを諦めてはいけない。
そうすればいつの日かきっと…。

I shall be released.
We shall be released.

ルディが歌い上げる心の叫びに激しく感情を揺さぶられました。
悔しさと怒りと悲しみの涙が溢れてきました。

映画「チョコレートドーナツ」は生きていくうえで無条件に大切なものが何かに気づかせてくれました。

I see my light come shining from the west unto the east.
Anyday now, anyday now,
I shall be released.


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサードリンク
Copyright © 映画のミカタ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。