So-net無料ブログ作成

イ・ミンギ その怪物 [韓国映画]

変な女がいる
面白そうだ
(byテス)

とてもカッコいい男でした
私の妹を殺した奴は
(byポクスン)

その怪物…凶暴につき

その怪物.jpg

血も涙もない冷酷無比な殺人鬼vsその殺人鬼に大切な妹を殺された姉+心のよりどころだった姉を殺された幼い妹という1対2の変則マッチメイク…さて、生死を賭けたバトルの勝敗の行方は?

なーんて、まるで果てなく続く攻防を描いたアクションスリラーかのような宣伝してるけど、
意外にあっさりと決着がつく淡白な消化試合でした。

「悪魔を見た」の悪魔が誰の心の中にもいるかのような存在だったように、
この作品における怪物は殺人鬼テス(イ・ミンギ)自身はもちろん、
復讐を誓ったポクスン(キム・ゴウン)だって怒りに狂ったモンスター然としていて、
もともとは理不尽な悲劇に見舞われたヒロインだったのに、
復讐を諦めない執着心が心の中に潜んでる怪物を覚醒させたって感じ。

怖いのはむしろ怪物を生み出す感情のタネは心の奥底に誰もが持ってるってこと。
自分だって明日怪物になる…かもしれないわけだもんね。

ただ、
いかにも田舎者なポクスンは追い詰められた瞬間だけ必死の形相した怪物になるけど、
素顔は小生意気なおてんば娘。

無表情で寡黙なテスも不遇な環境が暗い影を落としただけで、
実は心根は優しいんじゃないかと思わせる雰囲気があるんだよね。

まっすぐな瞳は心底から愛情を欲してる感じだもん。

演じる2人のキャストの技量も大きいけど、
それぞれの理由で怪物となって相手を殺さなくてはいけないのは見ていてツライ。

もしも大切な人を殺されなければ…
もしも愛情あふれる家庭で育っていれば…


怪物は生まれなかったかもしれません。

ポクスンの言動が完全にコメディだから、
そういう意味でこの作品はアクションスリラーではなくサスペンスコメディと言わざるを得ない(笑)

ちょっと全体的にどっちつかずな中途半端感があってうまくまとまってないところが残念。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサードリンク
Copyright © 映画のミカタ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。